枚方市議会議員 野村いくよ 公式ホームページ

子どもの笑顔があふれるまち、枚方。ずっと住みたいまち 枚方のために。

プロフィール

pro_0

氏名
野村 生代(のむら いくよ)

生年月日
1957年10月23日

居住地
枚方市香里ケ丘

星座
てんびん座

趣味
映画鑑賞、音楽鑑賞、食べながらみんなでおしゃべりすること

好きな言葉
「みんなちがって、みんないい!」(金子みすずより)

大好きなアーティスト
加川 良(「教訓1」で1970年にデビュー)

1970年 大阪市立新森小路小学校 卒業
門真市立第二中学校 入学
1973年 pro_6枚方市立第四中学校 卒業
 出会った先生たちが、「生きる力とは…」を語り、真剣に生徒であった私たちに向き合われていたこと、特に女性の先生がご自身を自由に表現されている姿がとてもかっこよく見えました。将来、教師になって、多くの子どもたちに出会って、「未来を生きる」種をまくことができたら…と思いました。
 人と出会うことは、人生が拡がります。「平和と平等な社会」をつくるために、そこから繋がっていくことを大切にしたい!と強く思っています。
1976年 大阪府立枚方高等学校 卒業
1980年 京都産業大学外国語学部 卒業


1980年 中学生の頃からの夢だった中学校教諭(英語科)として奉職
1980年~ pro_1_2枚方市立第四中学校(母校)に勤務
 大きな期待と責任感を抱いて教壇に。ついつい力が入ってしまい、日々悩むことも多かったです。先輩の先生方からのアドバイスを受けながら、教育とは…を考える日々でした。「障害」のある生徒との出会いから、「ともに学び、ともに育つ」ことが重要であること、学校は社会の縮図であることを認識しました。
 勤務すること13年、その間に、二人の子どもを出産し、保育所と学校と自宅とを駆け回る日々でした。
1992年~ point_7枚方市立枚方中学校に勤務
 学校が変われば、文化も異なります。少し余裕と自信が出てきたところに、新しい環境に凹むことも…。それでも伝えたいこと、ともに考えたいことを常に直球で…、思いは必ず共有できることを経験。「教育に携わる」ということに、正解はありません。一人ひとりに個性があるのですから、多様性を認め合うことが重要です。
 クラブ活動の顧問としても、生徒と共に苦しみや喜びを分かち合うことができました。
2000年~ pro_2_2枚方市立東香里中学校に勤務
 再度、新しい出会いに期待を膨らませ…。私の子どもと同じ年の生徒たちを教えるようになっていました。また、最初の教え子のお子さんもいました。教員として20年、充実していました。60歳定年まで教員でいることを決めていましたが、最後の勤務校となる。教育というのは、「ひと」と関わることなので、教えるだけではなく、子どもたちから学ぶことも本当に多くありました。
 また、枚方市教職員組合女性部長を経て、副執行委員長を務めることになりました。組合役員としての活動を通して、さらに視野が拡がり、多くの事を学ぶことができました。「すべては子どもたちのために」を合言葉に教育活動に全力でとりくみました。


2002年 枚方市立東香里中学校を退職
 子どもたちの今・未来のために、教職員が子どもと向き合う環境の充実、「平和・人権・共生・環境」を基軸としたとりくみの推進、教育環境の充実のために、枚方市政に一石を投じるべく市議会議員を志し、選挙の準備期間に入る。
2003年~ pro_4枚方市議会議員選挙 初当選
 民主連合議員団として7人の会派に所属。年に1回程度の一般質問や、決算・予算特別委員としても質問を行う。

1期目の主な活動内容と成果
  • 安全監視員を小学校校門に配置
  • 枚方市学力診断テストの実施と同時に、子どもの学力と生活実態との関連の調査を試行
  • バリアフリーのために枚方市駅周辺での迷惑駐輪に対して、立て看板などで啓発活動
  • 枚方公園駅東側ロータリーの道路拡幅
  • 平和施策の充実で、平和の日事業の開催延長
  • 障害者の雇用促進及び庁内での就労体験を要望→市役所での実習生の受入

2007年~ pro_5枚方市議会議員選挙 2期目当選
 2期目最終年には代表質問を行い、会派代表となる。

2期目の主な活動内容と成果
  • 「ともに学び、ともに育つ」を基本とした支援教育の拡充
  • 学校・園の環境整備(エアコン設置・耐震化100%)
  • 暴力の加害者も被害者もつくらない「子どもエンパワメント支援事業」の確立
  • 留守家庭児童会室の入室時間延長、入室対象の拡大
  • 保育所施設整備の充実(エアコン設置・保健室の拡充)
  • ひらかた版ブックスタートの実現
  • 一小一中の推進及び少人数教育の推進
  • 「男女共同参画推進条例」の制定
  • DV(ドメスティック・バイオレンス)防止対策と被害者支援
  • 男女共生フロア・ウィルの体制・整備の充実
  • 平和施策の充実「枚方平和(戦争遺跡)ガイド」作成
  • 夜間中学生徒の就学援助制度の実現

2011年~ 枚方市議会議員選挙 3期目当選
 「チルドレンファースト」で子育ち・子育て支援に、多様性を認め合う共生社会実現のためにさらに邁進することを決意。

3期目の主な活動内容と成果
  • 枚方市配偶者暴力相談支援センター「ひらかたDV相談室」開設
  • デートDV教育の推進
  • ひとり親支援の拡充(寡婦(寡夫)控除のみなし適用等)
  • 少人数学級(35人学級)の対象を小学4年生まで拡大、学力保障のとりくみ推進
  • 一小一中の推進
  • 中学校給食(選択制ランチボックス)2016年度実施
  • 学校図書館機能(専任司書の配置等)の拡充
  • 教育文化センター内に子育て支援広場(すこやか広場きょうぶん)開設
  • 平和施策の充実(平和の日のとりくみ、枚方平和(戦争遺跡)ガイドの改訂)
  • 高齢者施策の充実(ひとり暮らしの高齢者支援・認知症サポーター養成講座の充実等)
  • 「障害」者が地域で暮らすための充実策(グループホームを住宅として取り扱うことを要望)
  • 外国人・聴覚「障害」者が安心して医療が受けられるよう医療通訳士登録派遣事業の実施
  • 防災計画に男女共同参画、多様性の視点の導入(男女双方の視点からの防災対策冊子等)
  • スポーツ施設等の整備(手摺設置、夜間照明等)
  • 枚方公園駅~香里園駅の連続立体交差事業と沿線のまちづくり(2028年完了予定)

2015年
~現在
枚方市議会議員選挙 4期目当選
 子どもたちの今・未来を守るために、さらに尽力いたします。7人で新会派「連合市民の会」を結成。
 2015年度 副議長に選出される。慣例で総務常任委員会委員、市議会報編集委員会副委員長となる。




バナー
バナー

お知らせ

野村いくよの活動日誌



バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー